排水口のすみにいる

まさしく思考回路の掃き溜め

VTuberさはなは界隈の「マツコデラックス」になれるか?

VTuber紹介記事②

!注意!

こちらは1ファンが勝手に好きなVTuberを勝手に考察する記事です。苦手な方は戻るボタンを押してください

 

「VTuber好きVTuber」を称する災害救援活動システムことさはなくん。

f:id:favorite_mr:20180218203139j:image

 

YouTubeチャンネル

さはな【VTuber】 - YouTube

ツイッター

VTuberさはな ver.2.0 (@sahana_virtual) on Twitter

 

活動開始は2017年12月15日と、個人勢の中ではかなり早い方。私がVTuber四天王以外の動画で初めて見た個人勢VTuberだ。

 

前々から「VTuber好き以外の個性を見つけないとさはなは死ぬ」と危機感を募らせ(1000人ありがとう記念動画 - YouTube)、質問募集回では「界隈のマツコデラックスになりたい」という発言も飛び出した。(質問大募集!! - YouTube

 

ここ最近の動画投稿の内容を見ていると、どうも個性探しの旅に出ているように見える。

彼の強みは何なのか。果たして界隈のマツコデラックスになれるのか。本稿で考えていきたい。

 

1.さはなくんちゃんさんのキャラクター変遷を見てみる

 

さはなさんの動画の変遷や戦略については、すでに彼(彼女?)自身が動画にしているのでそちらをご覧いただきたい。

 

1000人ありがとう記念動画 - YouTube

慰 - YouTube

 

前提として抑えておきたいのは、さはなくんはすでに一度キャラクターの方針転換をしているということである。

 

いまのさはなくんのキャラ形成の転換期になったであろう動画は首刈り系バーチャルYouTuber - YouTubeだろう(10分でわかる【さはな】 - YouTubeから推察)。

 

最初の動画やさはな、バーチャルコンパニオン目指します! - YouTubeでは、丁寧な口調だったが、一転して「他のVTuberの首ひっちぎって」という個性や我が強く出た発言、砕けた口調になり、「VTuber好きVTuber」として歩み出す。

このキャラ転換が功を奏し、今では1万人のチャンネル登録者数を有していると、私は理解している。

 

彼は現在、また自分の新たな個性やキャラクターを模索している。

視聴者の中でも「VTuber好きVTuber」がハマりすぎているので、新たなキャラクターを探すのはかなり大変だろう。

ただ、「VTuber好き」というキャラクターは、コンテンツ制作も受け身になってしまい、苦しい場面がいくらか出てくるだろうと考えられるから、新たな個性探しは応援したい。

 

 

2.そもそものさはなくんちゃんさんの強みについて考える

 

私が思うに、さはなちゃんの大きな強みは瞬発力の高さではないかと思う。

「趣味はVTuberを見ること」であるさはなくんは、VTuber界隈のトレンド感度に優れている。
周りより早く、しかし適当なタイミングで適当なネタをすることができる人間は強い(そのためには当然入念な市場調査が必要になる)。

 

「そこらへんの木の板でバーチャルYouTuberのビッグウェーブに乗る」とは本人談だが、新規市場への早期参入は先行者利益が狙えることからその目論見は正しいといえよう。

 

例えば、ばぁちゃる先輩の物真似やネタ乗っ取り(ゆきうま - YouTube) 、自作のダンスサハナダンス(ダンスサハナダンス - YouTube)、演技力サハナーターゲーム(VTuberの間で流行ってるアレ混ぜてみた - YouTube)は、彼の市場調査の賜物であり、ユーモアの詰まった良作ばかりだ。

 

個人的に注目したいのはこの動画。

一ヶ月記念に改めて自己紹介 - YouTube

 

霊電カスカちゃんに関するブラックユーモアをあの時期にやる芸当、多分さはなくんにしかできない。少しハラハラしたし、こう言ったネタには(自虐で落とすなどの)バランス感覚が必要なのだが、思わず感心してしまった。

 

 

最後に

 

動画内はユーモアやオマージュ、「VTuberは終わらない日常アニメ」という傾聴に値する発言が散りばめられている。

そういった意味で、「マツコデラックスを目指す」という方向性は受け入れやすい。

もともとキワモノ扱いされていたマツコ氏が様々なテレビ局で重宝されているのは、場面に応じたMC能力や他の出演者を引き立たせるトークにある。

マツコは、なぜここまで人の心をつかむのか | テレビ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

しかしながら、喋るだけの動画というのはなかなか視聴されにくい傾向にある。

編集に力を入れるのも1つの手だが、個人的には生放送(コラボ相手と話すなど)に期待したい。

 

なので、無責任かつ勝手に1ファンとして企画を提案します。

マツコの知らない世界月曜から夜ふかしのVTuber版のハコ作りをする。MCさはなとクソメガネ(あさひちゃん寝る [バーチャルyoutuber] - YouTube)さん。ゲストさまざま。

ゲーム実況は多いけどこういうのはまだありません。

 

MC系VTuber、どうですか?(適当)

 

番組作りや個人勢VTuberのインフラ整備をする役割がさはなくんっての、結構アリだと思います。