排水口のすみにいる

まさしく思考回路の掃き溜め

就職活動は案外面白くて楽しいよ、という話

注意! フツーの私大文系2018卒の体験談、あくまで個人の感想です。最近、就活で辛い気持ちになっている人が多く、しかもそれを煽るニュースや就活ビジネスの人たちが多いので、「就活案外楽しいで」という記事を、私が独断と偏見で書いてやるという趣旨です。苦手なら戻ってね。

 

 

就職活動という響きに、ネガティブなものを感じる人が多いらしい。実際、私も就活前は恐ろしい見えない敵を相手にするように感じた。

でもぶっちゃけていう。

 

ぶっちゃけ、就職活動は案外楽しい。

 

こんなことを言うと殺されかねない雰囲気だったけど(そんな雰囲気を醸成する就活ビジネスや周囲が悪いんだけど)、少なくとも私はそう思った(私と同じ類の人間、絶対にいる)。

 

実際、やってみたらわかると思うんだけど、就職活動には「〇〇しなければならない」みたいなものって殆どない(やっておいた方がいいことは勿論ある)。

よく、ナビサイトでは「みんなここにエントリーしてるよ!」「40社はエントリーしよう!」みたいなことを書いている。

わたしはナビサイトの助言をガン無視して、18社しかエントリーしていないし、エントリーシートもよくある定型文ではなかった。でも、16社エントリーシートが通り、面接で6社落ち、3社内定をもらい、あとの7社は第一志望の企業が通ったので面接に行っていない。私の周りには、4社だけ受けた人間や、1社だけ受けた猛者もいる。もちろん、80社受けたような人もいるんだけど(本当に尊敬する、凄かった)。

 

何が言いたいかと言うとナビサイトや就活ビジネスをしている会社にまるっきり頼らないほうがいいということ。

ナビサイトに翻弄されている人は数多くいる。でも、自分らしく就活できるのが一番なのだ(自分らしく就活するためにナビサイトを利用するのはもちろんあり。難しいけどね)。だって、就活ビジネスもナビサイトも、私たちの人生に責任を取ってくれないんだもの。

 

「偉そうに講釈垂れてるけどお前どんな就活やってたの?」と思われる方もいるだろう。申し訳ない、そんな立派なものではない。一応紹介するけど「こんな人間でも受かったんだな」って感じで見ておいてほしい。参考になれば嬉しいが、参考にしすぎないでください。人の経験や人の目を気にしすぎると就活はしんどいと思うので。

 

まず、私は就活中のマイルールを4つ決めていた

 

①自分のスキルや経験、面接状況について嘘は絶対につかないし盛らない

→自分も苦しいし、相手の会社にとっても良くないから。ただし演出は考える。

 

②大学の講義(まあ、週に1回しかなかったけれど……)やアルバイトを休まない。

→大学の講義やアルバイトから、自分の将来についてヒントを得ることはよくあった。普通にゼミ発表を一人で準備してやっていた。

 

③友達に情報提供を沢山するし、協力もする

→みんなハッピーになれたら、精神衛生上良いしなんか嬉しい(語彙力)。見返りは求めていなかったけど、情報提供する人間の元に情報が集まってくる。そんなもんだった。

 

④無理はしない、普段の娯楽は制限しない

→週1で映画を、週7でアニメを見ないと死ぬのでここは妥協しなかった。

 

まあ、そんな感じ(語彙力)。とにかく、頑張るところは頑張るし、準備もするけれど、無理はしないようにしていた。

 

それらを踏まえて。

私の就活スケジュールとそれに伴ってのアドバイスもザザッと下にまとめる。

 

 

2月〜3月1日まで

 

SPI、玉手箱対策

私は中学受験経験者だったので、SPIは問題集を一周するだけでよかった。ただ、推論は苦手だったのでしっかり勉強した。

Webテストなんて」と思っていたけど、案外ここで落ちる人もいるらしい。

 

SPIレベルの算数がわからない人間は、中学受験の小5〜6レベルの問題集を解いて、その後、SPIの参考書を開くといい

SPI問題集は、公式は書かれていてもその意味について記載されていないものが多いから理解しにくいかも。

 

あと、つるかめ算なんて出なかった。割合や確率、推論を重点的にやること。

玉手箱なら、電卓を使いながら問題を解く練習をしてたかな。

 

時事対策

毎日、新聞を読み、新聞ダイジェスト(最近復刊!)を購読し、日経キーワードもチェックしていたのでそこまで問題はなかった。

「新聞とか読んだことねーよ!」という人は新聞ダイジェストと日経キーワードを読んで中学受験向けの時事問題集をやっておいたらいいかも。

興味のあるニュースは日頃からスクラップをしていた。こういうのも楽しい。

 

 

ESの自己PR作成

 

嘘はつかない、でも演出や構成を大事にするようにした。自分自身の思考回路(こういうことがあったらこう考えて行動するよ、だとかこう学ぶよ、だとか)をわかりやすく伝えられるように書き進めていった。

私には輝かしい経歴なんてものはない。でも、私なりに考え、頑張ってきたこと、学んだことはあったので、その経験を中心に練った。いろんな人に見てもらった。

ESを元に面接されるので、妥協せずに書いた。

 

3月中

 

説明会巡り

これが一番楽しかった。100社近く見た。大学内の説明会と、企業主催の説明会を中心に聞きに行った。

恥ずかしいことに、これほど多様な社会人とお話できる機会はこれが初めてだった。多くの企業や業界について勉強できる良い機会だと思う。新しいことを知られるのはやっぱり楽しい。仕事の話を楽しくできる人間は本当にかっこいいと実感。

説明会を多めに巡ったのは、自分にあった企業はどこかを見定める意味もあった。「自分にはきっと合わないな……」という業種でも見に行った。5月頃に「興味ある!」となっても真に合わない可能性がある。「合わない」と理由も含めてわかることが大事だと思って見に行った。

 

企業研究

企業研究は、ものを調べるのが趣味だったこともあって楽しくやっていた。

HPを見るのは当然として、業界のトレンドについて図書館で調べ、また企業について新聞の過去の記事を検索(日経テレコムなど)し、ノートにスクラップしていた。

新しいことを知られるのは本当に楽しい。面接や志望動機の役に立つし、経営状況もなんとなくわかる。

これは企業研究というのか微妙だが、「うちは残業ないです」と謳う企業を友人と夜6時〜8時ごろ見に行ったりもした。結果はお察しである。

 

そしてマイルール通り、企業研究ノートは友人に貸していた。

説明会と企業研究を交互にしながら、受ける会社を絞っていった。

 

3月後半〜

 

エントリーシート提出

3月後半から4月にかけて、エントリーシート提出が重なった。4月からは週3でバイトが、週1で授業があった。その上、2016年冬アニメ同様、2017年春アニメは豊作を予感させた。『月がきれい』『Re:CREATORS』『有頂天家族2』『サクラクエスト』『サクラダリセット』などなど、心置きなく見たかったので、早めに提出することを心がけた。

 

面接

コミュ障なので、面接は最大の壁だった。

喋るのが苦手なので、初めての面接は自分でもわかるくらい酷かった。初めてお祈り通知をもらった時はほんの少し胸が痛くなったが、気にせず切り替えた。

嘘はつかず、自分のことを知ってもらいながら、でも喋りすぎず……。目の前の人と誠実にコミュニケーションを取ることに尽力した。相手を気遣い、失礼がないように、でも楽しくお話ができるようにした。同じ面接会場にいる他の就活生ともコミュニケーションを取った。すると、段々面接も通るようになった。まあそれでも落ちたところはあるけど、準備して落ちた時は反省もそこそこに「合わなかったんやろ、入ってから退社する手間が省けたわ」位に思っていた(傲慢)。

わからないことは無いように企業研究や自己研究をしていたが、それでもわからない時はきっぱり「勉強不足で申し訳ありません、わかりません」とお伝えした。

 

 

 

で、6月には第一希望の企業に内定をもらった。終了。

 

受けている社数が少なかったので、週に3~4回面接があるだけだった。……あれ、アニメ見て映画見てる時間のが長い?

たくさん受けるのは私の能力的に厳しかったのでちょうど良かったのだろう。周りを意識せず、マイペースにやっていけたのも良かったかも?

あくまで個人の感想・体験談だが、おかげで割と楽しい実りある就活ができたように思う。

 

就活生の皆さん、周りに流されすぎず、あまり悲観的になりすぎず、しかし準備を怠らずで頑張ったらたぶん問題ない。「こうしたら受かる」「こうしたら落ちる」なんてもんはないんだし、自分なりに楽しんでほしい。

VTuberさはなは界隈の「マツコデラックス」になれるか?

VTuber紹介記事②

!注意!

こちらは1ファンが勝手に好きなVTuberを勝手に考察する記事です。苦手な方は戻るボタンを押してください

 

「VTuber好きVTuber」を称する災害救援活動システムことさはなくん。

f:id:favorite_mr:20180218203139j:image

 

YouTubeチャンネル

さはな【VTuber】 - YouTube

ツイッター

VTuberさはな ver.2.0 (@sahana_virtual) on Twitter

 

活動開始は2017年12月15日と、個人勢の中ではかなり早い方。私がVTuber四天王以外の動画で初めて見た個人勢VTuberだ。

 

前々から「VTuber好き以外の個性を見つけないとさはなは死ぬ」と危機感を募らせ(1000人ありがとう記念動画 - YouTube)、質問募集回では「界隈のマツコデラックスになりたい」という発言も飛び出した。(質問大募集!! - YouTube

 

ここ最近の動画投稿の内容を見ていると、どうも個性探しの旅に出ているように見える。

彼の強みは何なのか。果たして界隈のマツコデラックスになれるのか。本稿で考えていきたい。

 

1.さはなくんちゃんさんのキャラクター変遷を見てみる

 

さはなさんの動画の変遷や戦略については、すでに彼(彼女?)自身が動画にしているのでそちらをご覧いただきたい。

 

1000人ありがとう記念動画 - YouTube

慰 - YouTube

 

前提として抑えておきたいのは、さはなくんはすでに一度キャラクターの方針転換をしているということである。

 

いまのさはなくんのキャラ形成の転換期になったであろう動画は首刈り系バーチャルYouTuber - YouTubeだろう(10分でわかる【さはな】 - YouTubeから推察)。

 

最初の動画やさはな、バーチャルコンパニオン目指します! - YouTubeでは、丁寧な口調だったが、一転して「他のVTuberの首ひっちぎって」という個性や我が強く出た発言、砕けた口調になり、「VTuber好きVTuber」として歩み出す。

このキャラ転換が功を奏し、今では1万人のチャンネル登録者数を有していると、私は理解している。

 

彼は現在、また自分の新たな個性やキャラクターを模索している。

視聴者の中でも「VTuber好きVTuber」がハマりすぎているので、新たなキャラクターを探すのはかなり大変だろう。

ただ、「VTuber好き」というキャラクターは、コンテンツ制作も受け身になってしまい、苦しい場面がいくらか出てくるだろうと考えられるから、新たな個性探しは応援したい。

 

 

2.そもそものさはなくんちゃんさんの強みについて考える

 

私が思うに、さはなちゃんの大きな強みは瞬発力の高さではないかと思う。

「趣味はVTuberを見ること」であるさはなくんは、VTuber界隈のトレンド感度に優れている。
周りより早く、しかし適当なタイミングで適当なネタをすることができる人間は強い(そのためには当然入念な市場調査が必要になる)。

 

「そこらへんの木の板でバーチャルYouTuberのビッグウェーブに乗る」とは本人談だが、新規市場への早期参入は先行者利益が狙えることからその目論見は正しいといえよう。

 

例えば、ばぁちゃる先輩の物真似やネタ乗っ取り(ゆきうま - YouTube) 、自作のダンスサハナダンス(ダンスサハナダンス - YouTube)、演技力サハナーターゲーム(VTuberの間で流行ってるアレ混ぜてみた - YouTube)は、彼の市場調査の賜物であり、ユーモアの詰まった良作ばかりだ。

 

個人的に注目したいのはこの動画。

一ヶ月記念に改めて自己紹介 - YouTube

 

霊電カスカちゃんに関するブラックユーモアをあの時期にやる芸当、多分さはなくんにしかできない。少しハラハラしたし、こう言ったネタには(自虐で落とすなどの)バランス感覚が必要なのだが、思わず感心してしまった。

 

 

最後に

 

動画内はユーモアやオマージュ、「VTuberは終わらない日常アニメ」という傾聴に値する発言が散りばめられている。

そういった意味で、「マツコデラックスを目指す」という方向性は受け入れやすい。

もともとキワモノ扱いされていたマツコ氏が様々なテレビ局で重宝されているのは、場面に応じたMC能力や他の出演者を引き立たせるトークにある。

マツコは、なぜここまで人の心をつかむのか | テレビ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

しかしながら、喋るだけの動画というのはなかなか視聴されにくい傾向にある。

編集に力を入れるのも1つの手だが、個人的には生放送(コラボ相手と話すなど)に期待したい。

 

なので、無責任かつ勝手に1ファンとして企画を提案します。

マツコの知らない世界月曜から夜ふかしのVTuber版のハコ作りをする。MCさはなとクソメガネ(あさひちゃん寝る [バーチャルyoutuber] - YouTube)さん。ゲストさまざま。

ゲーム実況は多いけどこういうのはまだありません。

 

MC系VTuber、どうですか?(適当)

 

番組作りや個人勢VTuberのインフラ整備をする役割がさはなくんっての、結構アリだと思います。

あっくん大魔王様は調理の仕方で千変万化する期待の新星だ

勝手にVTuber紹介①

 

フゥーッハッハッハ、

モニターにいる、下等生物の皆様、ごきげんよう

 

謙虚なのか偉そうなのかよくわからない挨拶、インパクトと愛嬌を併せ持つ姿、VTuber仲間からも愛される人柄……。

 

f:id:favorite_mr:20180216215809j:image

 

あっくん大魔王 - YouTube

 

そう、あっくん大魔王様である。

 

まだ、登場して1ヶ月ほどしか経っていないにも関わらず(初投稿は2018年1月7日)、チャンネル登録者数は既に1万人を超える。まさに期待の新星だ。

コラボ活動にも熱心で、VTuberグループ「天魔機忍」に所属、VTuber個人勢の中でも不思議な存在感を見せる。

 

その人気の訳は何なのか。今回は、そんな愛すべき大魔王様の魅力の理由に迫りたい。

 

 

1.キャッチーでキャラクターに幅がでる名前

 

コンテンツを生成する時、「名付け」は、キャラ設定や言動、今後の動画方針にも関わる重要な行為になりうる。彼の名乗りを見てみよう。

 

「我が名はあっくん大魔王

 

……

 

小さくかわいらしい子供を想起させるあっくん

f:id:favorite_mr:20180216222014p:image

 

おどろおどろしい大魔王

 f:id:favorite_mr:20180216222248p:image

 

 

大魔王様、どうしてこれらをくっつけようとしたのですか(由来を知ってる方、教えてください)。僭越ながら、一下等生物的には、不思議なセンスです。

 

ただし、大魔王様の名付けはコンテンツ製作者の戦略的に正しい

 

理由として、①インパクトがあること、②動画やキャラクターに幅がでること が挙げられる

 

順に説明していきたい。

 

インパクトがある

 

名乗っただけで出落ちする(定番の笑いになる)のは1つの利点である。

 

正反対のものを組み合わせると、奇妙な可笑しさを感じさせる名前となる。Mr.Childrenブラックマヨネーズと類似した名付けの手法だ。

数多くのVTuberが登場する中で、少しでも多くの人に見てもらうには、最初に目にするもののインパクト(名前やモデル、サムネイル)はとても大切なのだ。

 

 

②動画やキャラクターに幅がでる

 

「あっくん」という間の抜けた(日本中のあっくんさんすみません)かわいらしいキャラクター、威厳・風格を感じる「大魔王」というキャラクター。ギャップは大きいが、その分キャラ設定に幅が出て、多少ガバガバでも、逆にそれが愛嬌になる。

どちらのキャラクターも使えると、動画に幅が出て、VTuber界隈での立ち回りがかなり楽になる。

 

エゴサーの姫・ミライアカリちゃんとあっくん大魔王の会話がわかりやすい。

 

f:id:favorite_mr:20180216230654j:image

ツイートのリンクはこちらhttps://twitter.com/a_box_land/status/963253334172839936

 

威厳(?)ある大魔王的立ち回りと、ヘマをしたことに対してヘタれるあっくん的立ち回り。

こういった言動が許され、笑いになるのは、「あっくん大魔王」という名付けにも起因するのではないかと私は推察する。

 

最近、似たような名付けをしたVTuberは、深雪ちゃん(ディープブリザード様)だろうか。

YouTube

 

みんな、深雪ちゃんはいいぞ。

 

 

2.「ヘタれ魔王」キャラで絡みやすい雰囲気

 

上述した「名付け」によるキャラの幅、本人の人柄や人徳も併せて、「ヘタレ魔王キャラ」として認識されているあっくん大魔王様。

魔王なのにヘタれる、誰と一緒でも違和感のない、絡みやすいキャラクター性は、コラボや視聴者によっていくらでも面白くなれるVTuberだといえる。

 


例えば世界初男性VTuberのばぁちゃる氏。

 

【世界初?!】男性バーチャルYouTuber ばあちゃる - YouTube

 

「動画以外完璧な男」「世界初しか取り柄のない男」など、散々な言われようだこの前の生放送、本当に最高だったよばぁちゃる先輩

彼の凄いところは、VTuberで一番「イジられ」体質であるところ。いじられ役といえばばぁちゃる氏。このキャラクターを確立させたのは、本人ではなくどちらかというと視聴者なのだけれど、この立ち位置は本当においしい。

イジってくれるVTuberや視聴者がいる限り、ばぁちゃる先輩は永遠にイジられ、永遠におもしろい。飽きられにくい。

 

大魔王様は、また立ち位置が少し違うのだが、イジりやすさ、絡みやすさには似たものを感じる。

 

本人が初回の動画で「こんなやつがいてもいいかな」とおっしゃっていたが、まさにその通り。

天魔機忍コラボ動画では、しっかり者の3人に対して、窓を割ったことを自慢げに話したり情けない声を出したりと、3人にイジられながらも存在感を示した。

 

あっくん視点PUBG

【第1話】天魔機忍のPUBG【大魔王視点】 - YouTube

ニーツちゃん視点PUBG

【第1話】天魔機忍のPUBG【ニーツ視点】 - YouTube

 

ニーツちゃん視点のOPは必見!

 

もちろん、天魔機忍が最高すぎたこともある。コラボ次第ということは否めない。

 

しかし、あっくん大魔王様は、そのキャラ設定から、コラボ相手によっておもしろさが変わるのではないかと、天魔機忍のコラボ動画を見て確信した。世界観が作られすぎていない(しかし、ないわけではない)から、どのVTuberもコラボしやすいように思う。

 

3.純粋に動画が面白い

 

大魔王様の一発目の動画をご覧いただいた方はあることに気づくかもしれない。

 

あっくん大魔王、バーチャルYoutuberになる - YouTube

 

そう、字幕の使い方が最初からうまい。

視聴者が突っ込むであろうところに字幕を入れることで、自分からネタにしていくスタイル。ねこます氏の最初の動画を思い出させる。

 

 

最後に

 

他にも人気が出た理由として、参入当時魔王系が少なかった時期の良さ、純粋な動画の面白さも当然挙げられるだろう。

 

これからVTuberコラボや生放送は間違いなく増える。VRチャットの普及から、VR空間のオフ会なんてものも今後1年以内に行われるだろうと予想される。
そんな中で、生き残るのは大魔王様みたいな絡みやすく長けたキャラ設定のVTuberではないか。

 

様々な大魔王様が見られるのではないかと、今から楽しみでならない。

大魔王様の愉快で楽しいご活動を、一下等生物として陰ながら期待したい。

 

 

あっくん大魔王

 

チャンネル

あっくん大魔王 - YouTube

Twitter  @A_BOX_LAND

 

Vtuberに一般論から定義付けを図ることに意味はあるのか

注意! これはあくまでしがないVtuberファンの私見です。

ご意見は下のツイッターまで。待ってまーす。

〜〜〜〜〜〜

 

「こんなのVtuberとは言えない」「これはVtuberといっていいのか?」

 

Vtuberの「定義」に関する議論をVtuberやそのファンの間でちょくちょく目にするようになった。

これに関しては、すら(TwitterID:@bluesura)さんがVtuberの定義に関する様々な意見を綺麗にまとめてくださっているので参考にされたし。
そもそもバーチャルYoutuberって何?定義って何? - すら の気まぐれに書くブログ(@bluesura)

 

正直、概ね同意見だが、あえて本稿では、「そもそも一般論としてVtuberの定義付けをする意味はあるのか?」について述べていきたい。

 

これについて、私は以前からツイッターで言及している。

 

 

 

 

ツイートを要約すると、そもそも一般論から定義付けする意味なんてなくね?てか定義付けできなくね?定義付けはVtuber市場の縮小に繋がるんじゃね?みたいな感じである(適当)。

 

もちろん、好みはある。取捨選択や見る見ないは視聴者の自由である。己の中で「こうあってほしい……」と思うことは当然あるだろう。

しかし、そもそもVtuber自体、今黎明期で、市場が急速に広がっているから、一般論で定義付けというか市場確定なんてしようがない。

タダでさえ技術的・金銭的ハードルが高いVtuberの参入障壁を定義付けによって更に高めてしまうと、Vtuber市場で自由な競争が行われなくなり、多様性が失われコンテンツの硬直化を招いてしまうのではないか。

 

少し話はそれるが、例えば初音ミクが一大コンテンツを築いたのは、コンテンツ自体が重層的で度量の深いところに起因する。

初音ミクは、機械音声を生かした楽曲だけでなく、人間と変わらないような調整を施した楽曲、バラード、ロック、アイドル系、シュールギャグ、アイロニー、ゲスな下ネタまでなんでも歌いこなす。その姿を多様な絵柄で様々な絵師が描き出す。

 

初音ミクと一言で言えども、人それぞれ自分だけの「初音ミク」を見つけ出し、作り出すことができた(ここ重要)。

Vtuberも同じように、人それぞれ自分だけの「Vtuber」を見つけ出し、作り出せるような多様性を持てば、長く続く一大コンテンツになるだろう。

 

そのような意味で、黎明期である今、新規参入を阻害しかねない画一的・一般論的な定義付けはコンテンツの発展にとって望ましくない。

現状の「名乗ったもん勝ち」で問題ないと思われる。

 

 

結論

参入障壁を下げたねこます氏

けもみみおーこく国営放送 - YouTube)をはじめとした個性あふれる個人勢の功績は本当に大きい。

だからこそ、Vtuberを愛する一視聴者としては、Vtuber界隈が大きく盛り上がることを願ってやまないし、視聴者としてもそのような振る舞いを心がけたい。議論自体は面白くて楽しいのだが、定義付けをすることで既存Vtuberや新規参入しようとする方々が萎縮してしまうことにならないようにしたい。

 

補足および雑感

・基本的に、公正かつ自由な競争は消費者及び事業者・供給者、コンテンツにとって利益があると考えている。なので参入障壁を無為に高める行為はあまり歓迎していない。

・もちろん、参入後ちゃんとやっていけるかは別問題。純粋に質が低いものは競争の中で淘汰されていくだろうとは思う。

・昔「これは初音ミクじゃねえ!」みたいな議論が散見されけど、案外無視してみんな作り続けてた感あるよね 

・1月27日のくるみちゃんのツイート(もう消えてしまったけど)は真理であると思う。定義は定義でしかないのだ。くるみちゃん復活待ってます。